プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

1.個人情報の定義

  • 株式会社CyberFight(以下、「CF」という)は、個人情報とは、個人情報の保護に関する法律に規定される生存する個人に関する情報(氏名、生年月日、その他の特定の個人を識別することができる情報)、ならびに特定の個人と結びついて使用されるメールアドレス、ユーザーID、パスワード、クレジットカードなどの情報、および個人情報と一体となった趣味、家族構成、年齢その他の個人に関する属性情報であると認識しています。

2.Cookie・IPアドレス情報

  • CookieおよびIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。ただしこれら情報と個人情報が一体となって使用される場合にはこれら情報も個人情報とみなします。CFの運営するメディアにおいては、たとえ特定の個人を識別することができなくとも、CookieおよびIPアドレス情報を利用する場合には、その目的と方法を開示してまいります。また、Cookie情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。Cookieを拒否するとサービスが受けられない場合は、その旨も公表します。

3.個人情報利用目的の特定

  • CFは、個人情報を取り扱うにあたって、その利用の目的を出来る限り特定します。

4.個人情報利用の制限

  • CFは、あらかじめご本人の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはありません。合併その他の理由により個人情報を取得した場合にも、あらかじめご本人の同意を得ないで、承継前の利用目的の範囲を超えて取扱うことはありません。ただし、次の場合はこの限りではありません。
    • (1) 法令に基づく場合
    • (2) 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
    • (3) 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
    • (4) 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

5.個人情報の適正な取得

  • CFは、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得することはありません。また、15歳未満の子供から親権者の同意なく個人に関する情報をみだりに収集しないよう留意します。

6.個人情報の取得に際する利用目的の通知

  • CFは、個人情報を取得するにあたり、あらかじめその利用目的を公表します。ただし、次の場合はこの限りではありません。
    • (1) 利用目的をご本人に通知し、または公表することによりご本人または第三者の生命、身体、財産その他の 権利利益を害するおそれがある場合
    • (2) 利用目的をご本人に通知し、または公表することによりCFの権利または正当な利益を 害するおそれがある場合
    • (3) 国の機関もしくは地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的をご本人に通知し、または公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
    • (4) 取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合

7.個人情報利用目的の変更

  • CFは、個人情報の利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えては行わず、変更された利用目的について、ご本人に通知し、または公表します。

8.個人情報の安全管理・従業員の監督

  • CFは、個人情報の漏洩、滅失または棄損の防止その他の個人情報の安全管理が図られるよう、個人情報保護規程を定め、従業員に対する必要かつ適切な監督を行います。

9.委託先の監督

  • CFは、個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合は、委託先と機密保持を含む契約の締結、または、CFが定める約款に合意を求め、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。

10.第三者提供の制限

  • 1.CFは、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。
    • (1) 法令に基づく場合
    • (2) 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難で あるとき
    • (3) 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を 得ることが困難であるとき
    • (4) 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
    • (5) 予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合
  • 2. ただし次に掲げる場合は上記に定める第三者には該当しません。
    • (1) CFが利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合(ただし、その場合は利用目的やその範囲をできる限りわかりやすくユーザーに明示いたします。)
    • (2) 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
    • (3) 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報 の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置いているとき

11.個人情報に関する事項の公表等

  • CFは、個人情報に関する次に掲げる事項について、ご本人の知り得る状態に置き、ご本人の求めに応じて、電磁的方法により速やかに回答します。

12.個人情報の開示

  • CFは、ご本人から、個人情報の開示を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なく開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。

13.個人情報の訂正等

  • CFは、ご本人から、個人情報が真実でないという理由によって、内容の訂正、追加または削除(以下「訂正等」といいます)を求められた場合には、他の法令の規定により特別の手続きが定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨ご本人に通知します。

14.個人情報の利用停止等

  • CFは、ご本人から、ご本人の個人情報が、あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または偽りその他不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下「利用停止等」といいます)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨ご本人に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、ご本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。

15.理由の説明

  • CFは、ご本人からの要求にもかかわらず、
    • (1) 利用目的を通知しない
    • (2) 個人情報の全部または一部を開示しない
    • (3) 個人情報の利用停止等を行わない
    • (4) 個人情報の第三者提供を停止しない
  • のいずれかを決定する場合、その旨ご本人に通知する際に理由を説明するよう努めます。

プライバシーポリシーに関するお問い合わせ先

  • 株式会社 CyberFight 個人情報管理責任者 代表取締役 高木 規

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-1-2 白鳥ビル1F メールでのお問い合わせはこちらから ddt@ddtpro.co.jp

個人情報の取り扱いに関するガイドライン (WRESTLE UNIVERS利用者用)

株式会社CyberFight(以下、「CF」という)の提供する動画配信サービス「WRESTLE UNIVERS」(以下、「本サービス」といいます)を利用されるユーザーは、以下の内容を必ずお読みいただき、同意をお願いいたします。 CFは、プライバシーポリシーに従い、本サービスを利用するお客さま(以下、「ユーザー」といいます)の個人情報を厳格に管理するとともに、取得される個人情報およびその処理方法および使用方法に関する具体的な内容を、以下の通り、個人情報の取り扱いに関するガイドライン(以下、「本ガイドライン」といいます)にて定めるものとします。

1.範囲

  • 本ガイドラインは、本サービスを利用するユーザーに適用されます。

2.取得された情報

  • 1.CFは、ユーザーから以下の種類の個人情報を取得します。
  • 2.個人情報とは、識別されたまたは識別可能な個人の個人的または物質的状況に関する情報(例えば、氏名、生年月日および特定の個人)、ならびに電子メールアドレス、ならびに個人に関連する他の情報を含むものと考えています。CFが個人情報を取得する方法の具体的な例を以下に示します。
    • 1) CFからご質問がある場合は、電子メールアドレスを取得することがあります。
    • 2) ユーザーがCFにユーザーのリンクコードを送ることを選択した場合、CFはユーザーの電子メールアドレスを取得することがあります。
    • 3) CFはユーザーのインターネットプロトコル(IP)アドレスを取得することがあります。ユーザーのIPアドレスとは、インターネットに接続されたコンピュータが、ユーザーが閲覧したウェブページなど、どこにデータを送信するかを知らせる番号です。
  • 3.こうした情報はCFがユーザーへ本サービスを提供する上で、ユーザーにご提供いただくことが不可欠です。CFによるユーザーの個人情報の取得させたくない場合は、CFに当該情報を提供しないようご注意ください。

3.CookieおよびWebビーコン

  • CFは、本サービス上でCookieを使用します。 「Cookie」とは、本サービス上の活動に関する情報を取得し、本サービスの現在の利用だけでなく、可能な限り快適に利用できるようにするための小さなテキストファイルです。たとえば、サービス内のWebページにアクセスした場合、Cookieはユーザーのマシンに置かれます(ユーザーがCookieを受け入れる場合)。または、ユーザーが以前にサービスにアクセスした場合に読み込まれます。 これらのCookieを使用すると、ユーザーID、アプリのバージョン、運用システム、デバイス名、エラーコードなどの情報を取得できます。ほとんどのブラウザでCookieを受け取った場合に通知するように設定することもできますし、ブラウザでCookieをブロックすることもできますが、そうした場合、他のユーザーが楽しむパーソナライズされた機能を利用できない場合があります。 CFが使用するCookieの中には、他のCookieが削除されたときに削除されないAdobeまたは「フラッシュ」Cookieがあります。このタイプのCookieを削除するためのシステム要件を確認してください。また、Webビーコン(「クリアGIF」、「ウェブバグ」または「ピクセルタグ」とも呼ばれます)を使用します。「Webビーコン」は、固有の識別子を持つ小さなグラフィックであり、Cookieと同様の機能を果たします。サービスの特定のWebページを訪問したユーザー数をカウントし、プロモーションまたは広告キャンペーンの有効性を判断するのに役立ちます。 HTML形式の電子メールメッセージで使用される場合、Webビーコンは、電子メールが開封されたかどうか、また開封されたかどうかを送信者に伝えることができます。ユーザーのコンピュータのハードドライブに保存されているCookieとは対照的に、WebビーコンはWebページには目に見えない形で埋め込まれています。

4.第三者プロバイダーのCookieおよび追跡

  • Googleアナリティクス
  • CFは、ユーザーがGoogleサービスを使用して利用者を測定する方法に関する匿名の統計的および分析的情報を取得するために、Google、Inc.(以下「Google」)が提供するWeb分析サービスである「Googleアナリティクス」を使用します。 たとえば、Googleは、ページビューやサービスのクリックに関するデータを取得して集計します。これらの分析は、他のウェブサイトへの遷移を追跡したり、ユーザーを特定するためには使用されません。サービスの使用(IPアドレスを含む)に関するGoogleアナリティクスのCookieによって生成された情報は、Googleの米日本国内のサーバーに送信され、Googleのサーバーに保存されます。 GoogleアナリティクスのCookieをオプトアウトする方法については、次のURLをご覧ください。 http://tools.google.com/dlpage/gaoptoutにアクセスするか、ウェブブラウザの設定を調整してこれらのCookieを他のCookieとともにブロックします。

5.個人情報の利用

  • 1.CFは、以下に定める目的のために個人情報を使用します。
    • 1) コンテンツの配信および関連サービスの提供
    • 2) サービスの開発、統計の分析、分析、アンケートその他サービスを改善するためのマーケティング活動
    • 3) 問い合わせ、相談、苦情への対応、紛争の解決
    • 4) 本サービスまたはその他の第三者からの特別提供、最新情報およびその他の新しいサービスを提供するため、またはこの情報を要求した場合やプロモーション資料を提供するため。
    • 5) ユーザーが希望される取引またはサービスを遂行するため。
    • 6) マーケティングまたはプロモーションの目的を達成するため。
    • 7) サービスがユーザーのニーズに合っているかを確認するため。
    • 8) ユーザーに最も関連性の高いコンテンツを作成し提供するため。
    • 9) 必要に応じて、本ガイドラインまたは利用規約の重要な変更について通知するため。
    • 10) サービスの限定エントリーエリアへのアクセスを許可するため。
    • 11) 要求したニュースレターやその他の情報を配信するため。
    • 12) ユーザーからの問い合わせに応じて連絡するため。
    • 13) その他、本ガイドラインの範囲内または情報取得時にお知らせした目的遂行のため
  • 2.CFは、ユーザーが本ガイドラインを受け入れることを表明した際に、CFがユーザーに同意したことに基づいてユーザーの個人情報を処理します。ユーザーはいつでもこの処理への同意することを取り消すことができます。ただし、これは、ユーザーが同意を取り消す前に行われた処理の合法性については、この撤回が影響を与えることはありません。
  • 3.CFは、ユーザーのアカウントが有効である限り、またはサービスを提供する必要がある限り、ユーザーの個人情報を保持します。

6.第三者への開示

  • 1.CFは、以下の場合に、第三者との間でユーザーの個人情報を共有または開示することがあります。
    • 1) ユーザーへのサービス提供を履行するため、たとえば、ユーザーが本サービスに参加することを選択した場合、CFはユーザーにサービスを提供するためにユーザーの個人情報を共有することがあります。 また、ユーザーが懸賞またはコンテストに参加している場合、CFはそのプロモーションの条件を満たすためにユーザーの個人情報を使用することがあります。 これは、たとえば、ユーザーの住所を郵便サービスや郵便・配達会社と共有することを含む、賞品の発送のために情報を共有することを意味します。 また、そのプロモーションの共同スポンサーとユーザーの情報を共有することがあります。
    • 2) ユーザーが興味を持たれやすいサービスを提供するため、アフィリエイト、戦略的パートナー、代理人、第三者マーケティング担当者、またはその他の関係者に処理を委託することがあります。 ユーザーが、CFがマーケティング目的でユーザーの個人情報を使用しないことを希望される場合には、本ガイドライン第8条に基づいて請求することができます。
    • 3) データの保守と分析、顧客とのコミュニケーションの送信、エントリーの取得、コンテスト、懸賞、その他のプロモーションの応募者の抽選と賞品の贈呈等のようなカスタマーサービス遂行のためにカスタマーサービスの遂行のために、非連動型の第三者サービスプロバイダー、代理店等に処理を委託することがあります。第三者に個人情報の一部または全部の取り扱いを委託する場合、CFは、委託された当事者との個人情報の保護に関する秘密保持契約およびその他の契約を締結し、個人情報を安全に管理するために、その条件および同意を求めます。CFのサービスを管理しているサービスプロバイダーは、ユーザーの個人情報にアクセスすることがありますが、非連動型のサービスプロバイダーがユーザーの情報にアクセスすることを希望されない場合は、個人情報の登録や送信を行わないでください。
    • 4) 法律を遵守するために、CFは、法律の要件、法的拘束力のある裁判所の命令、または調査機関または管轄の規制当局からの政府命令に従う場合、適切な手続きを通じてCFの権利または財産を保護する必要がある場合、または人の生命、身体または財産を保護する必要がある緊急の状況において、当該個人の同意の取得が困難な場合に、個人情報を共有することがあります。
    • 5) CFの資産または企業再編プロセスの一環(実質的にすべての合併、買収および売却を含むがこれに限られません)として第三者に提供するため。
  • 2.本ガイドラインに定める場合またはユーザーの同意をいただいた場合を除き、CFがユーザーの個人情報を第三者に共有または開示することはありません。

7.セキュリティ

  • 1.インターネット経由のデータ送信は100%安全であることを保証することはできません。
  • 2.したがって、ユーザーが本サービスに送信する情報の安全性を保証または保証することはできません。
  • 3.CFは、個人情報の保護のためのルールを策定し、適用される法令の下で必要とされる適切な行政的、技術的、組織的および物理的なセキュリティ対策を取り入れています。
  • 4.CFは、ユーザーの情報を保護し、不正なアクセス、開示、改ざんまたは毀損を防ぐためにファイアウォールを使用しています。ただし、ユーザーの情報が不正アクセス、開示、改ざんまたは毀損されないことを保証するものではありません。
  • 5.CFがセキュリティシステムの侵害について知った場合、適切な保護措置を講じることができるように、電子的に通知することを試みることがあります。本サービスを使用するか、または本サービスに個人情報を提供することにより、セキュリティ、プライバシー、およびこれらのサービスの使用に関連する管理上の問題に関して、CFがユーザーと電子的に通信できることにユーザーが同意されたものとします。
  • 6.セキュリティ侵害が発生した場合、CFはサービスに通知を掲載することがあります。また、CFは、これらの状況において、ユーザーがCFへ提供した電子メールアドレス宛に、電子メールを送信することができます。

8.個人情報のアクセス、移転および訂正に関する異議申し立て

  • ユーザーは、本ガイドラインの第18条に基づき、CFが保有する情報にアクセスし、その訂正または移植性を要求する権利、またはユーザーに関するデータの処理について異議を申し立てることできます。CFは個人情報の移転、訂正、追加、削除、処理に対する異議のために(以下、「訂正」といいます)、必要な調査を遅滞なく行い、可能な限り速やかにユーザーまたはユーザーが指定された第三者にユーザーの個人データを提供し、またはできるだけ早く訂正を行います。

9.選択およびオプトアウト

  • ユーザーは、(i)使用違反に関する通知、(ii)アップデート、および(iii)サービスの使用に関する通知を含む、本サービスに関する通信またはデータを、ユーザーが購入または選択した可能性のある取引、製品、および/またはサービスに関する情報または資料について、設定によってデバイスレベルでオフにすることによって、いつでもオプトアウトすることができます。

10.個人情報の廃止と削除

  • ユーザーは、本ガイドライン第18条に基づき、ユーザーの個人情報の処理を停止し、ユーザーについてCFの保持する情報を削除することを要求する権利を有します。ユーザーの個人情報が、取得の目的を超えて処理された、または欺瞞またはその他の不法な手段によって取得されたという理由で、ユーザーがその削除または消去(以下、「利用停止等」といいます)を要求した場合、CFは、ご依頼主がユーザーご本人であることを確認した上で、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、ユーザーにとって可能な限り、無償で個人情報の利用停止等を行い、その旨ユーザーに通知します。ただし、CFは、法律で義務付けられている、または認められている場合には、ユーザーの個人情報のコピーを保持することができます。

11.国際間の情報移転

  • ユーザーが日本国外から個人情報の提供を希望する場合は、当該情報は日本に保管されます。CFは、その情報を、国境を越えて、ユーザーの国または管轄地域から、世界中の他の国または管轄地域に移転することができます。ユーザーが欧州連合(EU)またはその他の地域で、データの取得および使用に関する法律が適用される地域から本サービスをご利用の場合は、個人情報が日本に移転されますが、日本はEUと同じデータ保護法がなく、EUのデータ主体に与えられた多くの権利が得られないことにご留意ください。ユーザーの個人情報を提供することによって、ユーザーは以下の事項に同意いただくこととなります。
    • 1.本ガイドラインに定める目的のために個人情報を使用すること
    • 2.上記のとおり日本への個人情報の移転が行われること
    • 3.準拠法は日本法であること

12.プッシュ通知

  • ウェブまたはモバイルアプリケーションを介してプッシュ通知を送信することがあります。コンテンツの更新やその他重要なサービス関連の通知を送信することがあります。これらのタイプの通信を受信しても、設定によってデバイスレベルでオフにすることによって、いつでもオプトアウトすることができます。

13.第三者サービス

  • この表明は、本サービスで取得された情報にのみ適用されます。本サービスには、他のウェブサービスへのリンクが含まれている場合があります。CFは、これらの他のプライバシー慣行やウェブサービスの内容について責任を負いません。

14.譲渡

  • CFの資産の全部または一部が他の当事者によって譲渡または取得された場合、あるいは企業合併が生じた場合には、ユーザーは、CFに対して、本サービスにより取得された個人情報および非個人情報を当該第三者に譲渡することを許諾します。

15.本ガイドラインの変更

  • 1.CFは、本ガイドラインを随時変更する権利を有します。CFは、変更した場合、本ガイドラインの一番上に記載された「最終更新日」の日付も改訂します。
  • 2.本ガイドラインの一部の変更については、サービスに通知することにより、変更を実施する前にユーザーの同意を得ることがあります。そのような通知の後にサービスを継続的に使用されている場合には、特に明記しない限り、かかる変更への同意とみなされます。

16.オンライン追跡

  • CFは、Do Not Trackブラウザ設定をサポートしておらず、ユーザーの個人情報や非個人情報の取得に関して、CFがユーザーからのシグナルやその他の仕組みに対応することができるフレームワークには現在参加していません。

17.子供に関するCFの方針

  • CFは、15歳未満のユーザーから故意に個人情報を取得または募集したりすることはありません。 15歳未満の場合は、名前、住所、電話番号、またはEメールアドレスなど、ユーザーの個人情報をCFに送信しないでください。 15歳未満のユーザーは、個人情報を提供することはできません。 15歳未満のユーザーから個人情報を取得したことが判明した場合は、できるだけ早くその情報を削除します。 15歳未満のユーザーの情報があると思われる場合は、以下のメールアドレス宛にご連絡ください。 ddt@ddtpro.co.jp

18.苦情を申し立てる権利

  • CFによるユーザーの個人情報を処理する方法に異議がある場合は、ユーザーは、ご自身の地域を管轄するデータ保護機関に苦情を申し立てる権利があります。

19.お問い合わせ

  • 本ガイドラインおよびCFの個人情報の取り扱いに関する方針、またはデータの情報、訂正、停止または削除に関するご質問は、以下のメールアドレス宛にご連絡ください。

ddt@ddtpro.co.jp 担当の個人情報保護責任者 代表取締役:高木 規 2020年9月1日 制定